外貨建て生命保険は「悪」なのか。

投資している人 投資

こんにちは。オシドリ夫婦です。

今日は、何かと評判の悪い外貨建て生命保険について書いてみたいと思います。

実は我が家では妻を被保険者として外貨建ての生命保険に入っていますが、以下では入った理由や解約を考えていない理由について書いてみたいともいます。

我が家の保険事情

まずは、我が家の保険事情です。( )内は毎月の保険料です。

以下の通り、毎月の保険料は日本円に換算して約2万5000円です。

なお、今月までは夫が医療保険とがん保険にも入っていたのですが、必要性を感じず解約しました。

  • 夫・・・掛け捨て生命保険(約2000円)
  • 妻・・・ドル建て生命保険(約200ドル)、医療保険(約3000円)
  • 夫婦・・・損害保険(約300円)

後でも書きますがドル建て生命保険については、保険と言うより投資と考えています

我が家は車を持っていませんので、自動車保険はには入っていませんし、住宅の火災保険は家賃に含まれているので別途かかっていません。

一方で、自転車事故等に備えた損害保険にはちゃんと入っています!

楽天損保が安くておすすめです

ドル建て生命保険に入った理由

それでは、我が家の保険の一番のウエイトを占めているドル建ての生命保険についてです。

そもそも、我が家は妻が夫の扶養の範囲内でパートをする形態の家族構成なので、妻自身に生命保険を掛ける必要性は低いです。

というのも、家計の収入のほとんどは夫の収入に依るので、(無いとは思いますが)妻が亡くなってしまったとしても、夫が経済的に窮地に立たされることはありません。

精神的には窮地に立つと思いますが…..。

そもそも保険は「ほとんど起こらないけど、起きたら困る」事態に備えるものなので、このような我が家の状況からするとそもそも妻が生命保険に入るメリットはほとんどありません。

ではなぜ加入したのかというと、投資のためです。

もう少し具体的に書きます。

このまま妻が夫の扶養に入っている限り、妻が将来的にもらえる年金は国民年金分だけになる(厚生年金がない)ので、少しでも年金の足しにしたいと思い入りました。

妻が加入している保険の保険金は、一括払いや5年〜20年の年金払いで支払い方法を選べます。

今のドル建て生命保険であれば、5年払いで月12万円くらいもらえる計算です。

受け取り方によって税金の掛かり具合も変わって来ますので、受け取り方は、受け取り開始時の税制や円の価格を考慮して決める予定です。

外貨建て保険のリスク

外貨建て保険にリスクがあるのは承知しています。

しかし、このリスクを分からずに入って苦情を言っているのもどうかと思います(苦情が多いなんて報道がありましたね)。

確かに、保険会社としては手数料を高めに取れるし、老人であればよくわからんだろってことで一括で保険料を払わせてあとは知らぬ存ぜぬだと思うので、こういった保険会社の態度もどうかとは思います。

外貨建て保険の場合、中途解約するとほとんど返戻金がない(その分保険会社が手数料をとっている)とか、為替リスク(さらに円ドルの交換手数料)があるので、その分運用益が少なくなるのは間違いありませんし、そうであれば他の資産で運用するというのも一理あります。

しかし、我が家の場合、NISA、積立NISA、日本株、米国株と一通り投資をしているので、ドル建て生命保険はさらなる投資対象という感じで選びました。

ちなみに我が家の投資の状況についてはこちら

あとは、仮に妻が亡くなってしまった場合に夫を少しでも癒せるようにとの目的もあったりして。

将来的に円安になっていれば思わぬ利益が出ますし、逆に円高になれば損失を被るのですが、あくまで余剰資金として運用している上、仮に思ったように生命保険から年金がもらえなかったとしても、(悲しいですが)生活に困ることはありません。

このようなスタンスで外貨建て生命保険には入りました。

もちろん、意識できていないリスクもあると思うのですが、現時点で保険を解約しようとまでは思っていません

さいごに

色々と外貨建て保険について書いてみましたが、これに入るかどうかは各家庭の家族構成や懐事情に依るんだと思います。

よりリスクを低減させるのであれば、税金で有利な積立NISAやiDeCoをまず第一に考えるのが良いと思います。

少しでも資産運用について考えている方の参考になれば嬉しいです。

see ya

コメント

タイトルとURLをコピーしました