東京レプタイルズワールド2020@池袋

趣味

こんばんは。オシドリ夫婦です。

暖かかった11月も一転、かなり寒くなり「冬到来」って感じになりましたね。

巷では色々とイベントもやっていますが、今回私たちが行ってきたのは、東京レプタイルズワールド2020です。

レプタイルズワールドについて

レプタイルズワールドは、毎年、東京や神戸でやっている爬虫類等の大セールイベントです。

当然、生体を買うこともできるのですが、見るだけでも楽しいイベントです。

「エキゾチックアニマル大集合!」という掛け声だけあって、エキゾチックな動物がたくさん…

詳しくは下記に書いています。

東京レプタイルズワールドに似たようなイベントに、東京アクアワールド(世界の観賞魚の大セールイベント)や、東京プランツワールド(世界の植物の大セールイベント)があります。

詳しくはこちら

私たち夫婦は2度目の参加ですが、毎回楽しんでいます。

当日券は1500円(大人)、前売り券は1300円(大人)です。

ちょっと高めですが、余裕で元を取れるくらい楽しめます。

ちなみに場所は、東京池袋にあるサンシャインシティです。

サンシャインシティの展示ホールAというところでやっているのですが、池袋駅からは10〜15分くらい歩きます。

会場の雰囲気

まず驚いたのは、人の多さ!

前売り券を買っていたので、すぐに入れるだろうと思っていたら、まずはリストバンドと引き換えなければならず、このリストバントと引き換えるための列が長いこと….。

下の写真のように、外に長蛇の列が…。

寒い中30分くらいは並びました。

故に、イベント終了時間ギリギリに来るのはお勧めしません。

いざ中に入ると、人の多いこと。

特に、ペンギンとか、スカンクといった珍しい動物のところには大量の人がいました。

そもそも、ペンギンやスカンクが売っていることに衝撃。

ちなみにペンギンは900万円で売っていました(笑)

ミーアキャット、リス、ビーバーもいました。

他にも、ビーバーとかナマケモノも売っていました。

ナマケモノはなんと180万円!

誰が買うんだろう(笑)

カワセミもいましたね。

B級って書いてあるのがなんだかなぁという感じです。

私たちが一番長居していたのが猛禽類コーナーです。

お店によっては写真撮影禁止なので注意してくださいね。

ちなみにこのフクロウたち、触ることもできます。

初めてフクロウに触りましたが、大人しい上に、毛が柔らかいんですね。

他にも、蛇、トカゲ、カエル、サソリ、タランチュラ、カメレオンなどなど、なかなかお目にかかることができない動物が多いこと…。

動物園にいるみたいで楽しかったです。

ちなみに、最近ペットで人気のハリネズミは一万円くらいで売っていました。

ペットショップで買うよりも断然安いですよね。

あと、モモンガが4000円で売っていました。この子は、生まれて半年くらい経っていたようでやすかったようでうすが、とってもキュートでしたよ。

参考情報

東京レプタイルズワールドに行かれる方へのアドバイスは、外で並びたくなければ早めに行こう!ということです。

ビル風吹く中外で並ぶのはかなり辛かったです。

あとは、前売り券を買っておくのがいいですね。

他にも、無料でカレンダーをもらえるお店もあります。

爬虫類に興味がない方でも楽しめる「東京レプタイルズワールド」、明日11月29日までですが、予定がない方にはお勧めです。

あと、クロコダイルたこ焼きや、サメの唐揚げなんてものも売っていました。

この記事が東京レプタイルズワールドへ行かれる方の参考になれば嬉しいです。

see ya

コメント

タイトルとURLをコピーしました