「本当にやりたいこと」を模索するアラサー主婦の旅路

人生論

こんにちは。みそたまです!

今日は前回の記事にも書いたように、

絶賛アラサークライシス中の私が、どのようにやりたいこと探しをしているのかを書いていこうと思います。

今までの自分は自己啓発本を読み漁っているような人間でした。

本屋に行くたびに「昨日までの自分にサヨナラ」とか「自分を変える○つの方法」

のような見出しにとことん踊らされておりました・・

もちろんそれらの本の内容が参考にならないという話ではありません。

ただ自分が今まで読んできた本に書いてある内容は総じて「そう考えられたら苦労しないよ〜」

とツッコミたくなるような内容が多い印象でした。

そんな中、とある1冊の本に出会います。

それはこの、世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方(八木仁平 著)です。

本屋さんでパラパラとめくってみて、これは今までの自己啓発本のような本ではない・・・!

と確信し、本を片手に足早にレジへと向かったのでした。

この記事では、この本を参考にどのようにやりたいこと探しに取り組んでいるのか、

備忘録も兼ねて経過を書いていこうと思います。

「やりたいこと」ってどうやって探すの?

著者の八木先生曰く、

本当にやりたいこと大事なこと(価値観)×好きなこと(情熱)×得意なこと(才能)

とのこと。本を読み進めていて自分の中で衝撃を受けた言葉が、

やりたいことがわからないのは、言葉の分類が足りていないから」というもの。

今までの自分のやりたいこと探しの方法としては、

ネット上の適職診断を受けてみたり、本当の自分を見つけるための100問や性格診断などなど・・

かなりいろんな診断や質問に答えたりを繰り返していました。

その結果、自分はこういう考え方をする人間なんだな、とか、興味の方向性はこっちかな、とか

なんとな〜く、「やりたいこと」を見つけるためのピースはたくさん集めることができました。

しかし肝心のやりたいことは見つからないまま・・・

先の八木先生曰くその状態は、

パズルのピースは持っているけれど、それをどうやって組み合わせればいいのかわからない

状態とのこと。はっ!としました。確かに、その通りだな、と。

上にあげた世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方(以降:”せかやり”と表記します)

では、本当にやりたいことを見つけるための手法が論理的に詳しく書かれておりました。

確かに、今まで論理的にやりたいことを導こうとは考えもしなかった私・・・

もう、読む前からワクワクが止まりませんでした!

まだやりたいこと探しに取り組んでいる途中なのですが、

こちらの本を参考にして、今までどのような発見があったかを記録します。

大事なこと(価値観)を見つける作業

大事にしていること・・価値観は、いざ考え始めると、自分の中で確たる軸がないように感じました。

ですが、本の中には5つのステップで自分の大事にしていること(価値観)が

導き出される仕組みになっているので、じっくり取り組むことを決意。

せかやりに書かれている価値観の見つけ方は5ステップなのですが、

少し省いてざっくり説明すると、

1、いくつかの質問に答えてとにかくたくさんの価値観をあぶり出す

2、1で出た価値観リストをマインドマップにてカテゴリ分け

3、価値観ランキングを作る

こんな感じです!

1の質問に対して自分なりに答えを書き、その中で大事にしている価値観を導き出す作業は

結構楽しいものでした。

巻末に大事なこと(価値観)の例100リストというものが付いているので

それを参考にしつつ、自分が導き出したこの答えに当てはまる価値観は何があるかな?

と探し出していきます。

せかやりでは以下のような質問があるのですが、

Q今の社会には何が足りないと思いますか?

私の回答を例に出すと、「心の平穏が足りなすぎると思う」というものになりました。

ここから導き出される自分が大事にしている価値観は→平穏孤独自制となります。

なぜそう思うのかと理由も考慮した上での結果です。

このような感じで他の質問に答えていった結果、

私は25個の大事にしている価値観を見つけることができました!

次にこれらの価値観を、マインドマップを用いてカテゴリ分けしていきます。

マインドマップの作成

マインドマップの作成はもちろん手書きでも良いのですが、私はX Mindというフリーソフトを使っています。

導き出された25個の価値観を大体の分類でカテゴリ分けし、

各グループに価値観の名前をつけます。

少し恥ずかしいですが・・私のマインドマップを公開してみます。こんな感じです。

このようにして5つの価値観を見つけ出すことができました。

次にこれらをランキング形式にしていきます。

価値観ランキングの作成

価値観の優先順位を決めるのは、意外と?難しい作業でした。

だってどれも”大事”なんだから当たり前ですよね。

でもせかやりにはランキングを作るコツが書かれています(ありがたや)

それは、どの価値観が最終目的か?を考えることです。

1位に設定した価値観に沿って行動するためには、土台として5位の価値観が必須。

そして5位の価値観を満たした行動の結果4位につながり、

4位の価値観を満たした行動の結果は3位の価値観につながり・・とランキングを作っていき、

5位〜2位までの価値観を満たした行動の結果得られるものが最終目的である1位の価値観というわけです。

ちなみに最終的に私が導き出した価値観ランキングはこちら↓

1位・・・信念

2位・・・ユーモア

3位・・・成長

4位・・・調和

5位・・・平穏

まず、5位に設定した平穏

土台として平穏(環境・心共に)がないと、私は何も動けない。

人間関係の不和があったり、反対に孤独すぎたりするのもダメ。(わがまま?笑)

人と関わりすぎても孤独(1人の空間という意味)を求めてしまうし、

人と関わらなさすぎても不安を感じてしまう。

自分にとってちょうど良い環境でないと、やる気が起きない、

というより、人一倍不安に押し潰されてしまうような感覚があります。

そのため、土台に「平穏」を置きました。

続いて4位の調和

環境・心が平穏であると、「調和」がとれた状態になります。

自分の心の中だけでなく、他者との関係も。

イライラしたり常識のない人に遭っても許すことができる。(もちろん完璧にとはいきませんが)

その結果自分の周りに人が集まり、新しい出会いも生まれ、

同じ目的を持つ仲間と助け合いながら過ごすことができたら理想ですね。

次に3位の成長

4位の調和の取れている状態にいる時は結果として多くの人と出会うことになり、

多種多様な人から刺激を受けて、いろいろな価値観を学び、自分自身の成長につなげることができる

と思っています。

その結果が2位のユーモア

なぜなら、成長した自分には余裕ができ、そこからユーモアが生み出されるのではないかと思います。

何か面白い、新しいことを思いついたりする余裕が生まれるのではないかな〜と。

人生の楽しい・明るい側面を見つけられるようになり、自己表現の幅が広がると思うし、

その状況ってとっても楽しくて理想的!と思うので2位にランクインしました。

そして最終目的ある1位の信念

これはもうシンプルです。5位〜2位までの価値観を大事に行動した結果、

自分のブレない信念が生み出されるのではと思うのです。

また、ユーモアがある人は、身の周りのいろいろな考えを取り入れて、

自分の中で噛み砕き、新しい発想を生み出し自信を持って発信できる人だと思っています。

『個』がしっかりあるということですね。

その自分なりの信念を持ちつつ生きてゆくことが、人生の目的という結論にたどり着きました!

まとめ

これで、本当にやりたいことを導き出す公式↓

本当にやりたいこと=大事なこと(価値観)×好きなこと(情熱)×得意なこと(才能)

の1つである、大事なこと(価値観)を導き出すことに成功しました!

これは例えなかなかやりたいことが見つからなくても、

これからの人生を歩む上での指針となる大事な要素がわかったということになるので、

じっくり取り組む価値があったなと感じています。

次回は得意なこと(才能探しを記事にしようと思います。

ただ自分が取り組んできたことをつらつらと書いているだけですが、

せかやりを知っている方でも、そうでない方でも、やりたいこと探しのヒントになれば幸いです。

see ya


コメント

タイトルとURLをコピーしました