都内最大級の温泉施設「スパジアムジャポン」の快適さは破格

趣味

こんにちは。オシドリ夫婦です。

さて、9月のある平日に私たち夫婦は東京都東久留米市内にある名水天然温泉・岩盤浴施設「スパジアムジャポン」(通称:スパジャポ)へ行って来ました。

控えめに言って最高すぎて、近くに移住したいくらい気に入りました。

今回は、このスパジャポについて書いてみたいと思います。

スパジャポの口コミを記載した記事はたくさんあると思いますが、こちらも参考になれば幸いです。

スパジアムジャポン(スパジャポ)について

スパジャポは、東京端くれの東久留米市内にある天然温泉・岩盤浴施設です。

駅からは遠いところにあるため、行くには、自家用車かシャトルバスが現実的な手段だと思います。

シャトルバスは、以下の駅から出ています。

○ 東武東上線「志木」駅、「朝霞台」駅

○ JR武蔵野線「北朝霞」駅

○ 西武新宿線「田無」駅

○ 西武池袋線「東久留米」駅

これだけ多くの駅からシャトルバスが出ているので、アクセスは不便なようで実は便利ですね。

私たちは田無駅から乗りましたが、20分くらいでスパジャポに着きました。

バスの到着場所は駅によって違いますが、公式ホームページにちゃんと書いてありますよ。

バスは、補助席を入れれば25人は座れるようなマイクロバスでした。大きく「ゆ」と書いてありますし、奇抜な外観なので見間違えることはないと思います。

私たちの場合、行きも帰りも空席がありましたが、お休みの日はかなり混むのかもしれません。

もちろん、帰りのバスも出ています。帰りのバスはスパジャポに下の写真ような待合スペースがあります。

これならどこに並べばいいか分かりやすくていいですね。

私たち夫婦はせっかちなので、帰りは20分前にバス停に行きましたが、待っている人は一人で、乗った人も15人いないくらいでした(笑)

もう少しゆっくりすればよかった…。

料金システム

次に料金ですが、これは温泉に加えて岩盤浴をつけるかどうかで変わって来ます。(以下は大人料金)

○ 温泉のみ  → 平日:750円、土日祝日:850円

○ 岩盤浴付き → 平日:1400円、土日祝日:1500円

このような料金体系になっていますが、「温泉・岩盤浴・レンタルタオルセットで1700円」を購入するのがベストだと思います。

岩盤浴を利用しない方であっても、このプランが一番いいと自信を持って言えます。

というのも、スパジャポには、温泉と岩盤浴に加えて、約3万冊もの漫画と雑誌が読めるコーナーがあるのですが、ここは岩盤浴利用者しか入れないのです。

少し分かりにくいですが、下の写真の上のフロアに雑誌・漫画コーナーと岩盤浴コーナーがあるのですが、ここに行くためには、右上にあるゲートを通らないといけません。

このゲートを通るためには専用のリストバンドが必要なのですが、これは岩盤浴も申し込まないと手に入らないのです!

ちなみに写真の下の方にあるのはフードコート。

お得な情報として、上のセット料金1700円は、事前にネットでチケットを買うと1400円になります。

公式サイトから会員登録をしてクレジットカードで決済をすればQRコードが手に入るので、それを使って入店するだけです。この事前チケットは有効期限がないようです。

ただ、この方法で割引チケットを買う場合、前日までに購入しないといけないのでご注意ください。

シャトルバス〜入店まで

次に超快適なスパジャポの内部について少し紹介したいと思います。

まずは入り口です。

左の写真のところにバスは到着します。バスが到着した後は、バスを降りて左手(写真で言えば中央の奥)に上へ登る階段があるので、それで3階まで行きます。

初めて行くと、バスを降りてからどこへいけばいいのかが分かりにくいです。

3階へ着くと、めでたく入口に到着するので、ロッカーへ靴をしまいます。

入場カウンターは右の写真のようになっており、全て自動化されています。

体温を測って、機械を操作して入場券を発券します。事前にチケットを購入している人はQRコードをかざすだけでOKです。

岩盤浴もセットのチケットを買った方は、館内着やタオルがもらえるので、専用カウンターで部屋着等をもらってください。

フロアマップは下の写真のようになっています。

漫画・岩盤浴コーナー

館内に入ると、上の階に上がる階段があるので、上がりましょう。

そうすると女湯と男湯の入口があるので、まずはそこで館内着に着替え、荷物も置くのがいいと思います。岩盤浴に行かれるのであれば飲み物を持っていってもいいと思います。

岩盤浴コーナーの近くには個人個人で鍵がかけられる冷蔵庫もあるので、誰かに飲み物を飲まれたりする心配もなく冷やしておけます。

ちなみに会計は、リストバンドのICタグを使って決済し、最後にまとめて支払うというシステムなので、お財布を持ち歩く必要はありません

下の写真の通り、精算エリアも自動化されています。

さて、漫画・雑誌コーナーがある4階に上ると、感動的な光景が広がっています。

写真は館内のほんの一部です。

ちなみに、本棚に貼ってある張り紙のQRコードをスマホで読み取ると、館内の漫画の位置を検索できるサイトに繋がるので、お目当てが見つからない時はこれで検索するといいと思います。

ちなみに、進撃の巨人は違う場所にありました。多分一時的に移動していたんだと思います。

館内ではみんなくつろいでダメになっていましたね(笑)

アスレチック風の場所もあったりして、いるだけでワクワクします。

4階専用のカフェもありました。

岩盤浴

岩盤浴には4種類あります。低温〜高温まで。

雑誌や漫画に「岩盤浴へ持ち込めます」と書いてあれば、岩盤浴へ持ち込むことができます。

そして、嬉しいのが、サウナで言う水風呂ならぬ「かき氷部屋」があり、そこでクールダウンができるのです。

天井からひらひらと氷がま舞って来ていました。

午後になってくると、汗の匂いなのか、少し臭く感じました(笑)

温泉

写真はもちろんないですが、温泉も広くて快適でした。露天風呂も広いです。

高濃度炭酸泉風呂や、季節の香り風呂的なのもあり、バリエーション豊かでした。

脱衣所に小岩井乳業の飲むヨーグルトとかがあったのが嬉しかったですね。

温泉の雰囲気は公式ホームページを参考にしてみてください。

お食事

3階のエリアには広いフードコートや和食屋があります。

十分な広さで、外のテラス席でも食べられました。

私たちはお蕎麦を食べましたが、絶品でした!ボリューム満点です。

他にもスイーツがあったりして、ついつい色々食べちゃいそうになりますね。

ちなみに、近くにはゲームセンターもありました。

混雑具合

これが一番気になりますよね。

私たちが行ったのは9月の平日でしたが、思ったより人が多かったです。

午前中からお昼にかけてはそれほど多くなかったのですが、お昼過ぎから明らかに人が増えて来たなって感じです。

ゆっくり楽しみたい方は午前中の早いうちから行かれるのがいいと思います。

私たちは10時半くらいに入館しましたが、結構空いていましたよ。

客層は大学生が多いなって感じでしたね。一方で、お風呂にいる人たちは年齢高めでした。

まとめ

スパジャポ周辺は最近開発が進んでいるのか、建設中の一軒家がたくさんありました。

すぐ近くにスーパーもあり、在宅文化が進んだ今では、住むには快適かもしれません。

それ以上に快適なのがスパジャポで、すぐにでも再訪したいなと思っています。

人気なだけあって混んでいますが、早い時間帯に行ってゆっくりするのがベストかなというのが、行ってみての感想です。

この記事がスパジャポへ行かれる方のお役に立てば幸いです。

see ya

コメント

タイトルとURLをコピーしました